最低賃金のアップで起こる現象

最低賃金のアップにより、これまで所得税など支払わなくてよいアルバイトの方々も8万8千円の壁を越えて所得税を支払う状況になったりします。まだ地域格差があり、最低賃金も700円前半の所があったりしますが、最終的に1000円を目指して金額も上がっている様です。これまでパートタイマーで働いていた人が昇給して毎年10円ずつアップしてやっとのことで800円に到達した人が、最低賃金に合わせる為に企業に対して労働基準監督署の目がしっかりと自給単価を上げる方向で企業に促しているなど、企業としてもその辺りはしっかりと金額を上げて対応しています。しかし亀のスピードでアップしていた昇給が、ウサギの速度で上がると何かえこひいきに感じてしまいます。仕方ない事からもしれませんが、これまでの勤続年数のキャリアのスキルに対しての金額よりも、入ったばかりのアルバイトと同じ金額になっていると何となくやる気が出なくなるのも無理はありません。そうした問題も最低賃金のアップで、勤続の長い人のモチベーションが心配な部分にもなります。やはり最低賃金も国が決めた政策で仕方のない状況となりますがもっと他の方法でないと得をする人損をする人が出てしまいます。
プロミス 広島